スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

804NK allfiles化 覚え書き

705NKは後回しにして、804NKを禁断のallfile化、やっちゃいました。
手順は705NKと同じで成功っす。
とりあえず、http://series60.sakura.ne.jp/up/src/up0289.zip を パソコンに、保存、解凍しましょう。
ここから以下は、すべて、up0289フォルダの中を見れば解決できます。
以下は、読まなくてもいいくらいです。感謝!

以下、コピペ多用してます。

準備
 ・http://fca00000.googlepages.com/hack_perms_s60v3.rarをダウンロードして解凍
    中にあるs60_3_0_app_trk_2_7.sisxを取り出して705NKにインストール。E:でも可(自分はc:)
    同梱のSMS_Accel.exeを705NKのC:直下に置く。
      SymSMB利用(シェアウェアだか、アンインストールすると再度利用可能)を利用。
      もしくはbluesoleilにてbt接続  ◆Bluetoothファイル転送で一見特定フォルダしか見えないように思えるが、アドレスにZ:\やC:\sys\等のようにタイプすればすべて見れて置き換えなどが可能。 
 ・本体のアプリマネージャーにsms_accelerator.sisがインストールされていることを確認。
  インストールされていなければノキアのホームページからダウン→インスコする。
      http://www.nokia.co.jp/support/ps/phones/n71/smartphone.shtml
 ・パソコンにpythonをインストールする。 http://www.python.org/download/
                        Python 2.5.2 Windows installerを選択。
 ・パソkンに、pyserialもインストール 
               http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=46487
 ・パソコンに、pywin32もインストール  
             http://sourceforge.net/project/platformdownload.php?group_id=78018 
            いくつかバージョンがあるが、(pywin32-210.win32-py2.5.exe) で当方利用  

・Nokia PC Suiteのバージョンが6.85.14.1より以前のものでないと動作できないようなので、
 アップデートしている場合、いったんドライバをアンインストールする。
  下記より、ドライバのインストール
   http://nds1.nokia.com/files/support/global/phones/software/Nokia_Connectivity_Cable_Driver_rel_6_85_10_0_jpn.msi

準備は、以上で終わり^^;ここで無理な人はあきらめましょうw

●All Files化へ
 ・PCと705NKをUSBケーブルを使ってPC Suiteモードで接続
 ・PCのコントロールパネル>システム>ハードウェア>デバイスマネージャ>ポートでNokia N73 USBのCOM番号を確認しておく。
・同梱のhack_perms_705nk.pyをエディタ(当方、メモ帳にて編集)で開き、serial.Serialの( )内を COM番号-1 に書き換えてセーブする。
  (キーボードCtrl+Fでserial.Serialを検索すればOK)
・携帯でMetroTRKを起動(実行前にPC Suiteは終了させておく)
   
  BlueToothで接続しようとするが、利用可能なポートがないのでしばらく待つとエラーになる。
  (他の接続が見つかったら、接続の変更をする。)
   Options>Settings>ConnectionでUSBを選択する。その他はデフォルト(Port=1,Baud Rate=115200)のままでOK。
 戻ってOption>Connectで表示が以下のように変わればOK

 Welcome to TRK for Symbian OS
 Status: Connected
 PDD: NONE
 LDD: EUSBC
 CSY: ECACM
 Port Number: 1
 Baud rate: 115200

・PC上でhack_perms_705nk.pyをダブルクリックしてPythonプログラムを起動
 
・ウィンドウが出て、実行状況が表示されればOK。
  起動しない場合はPath設定が正しく行われていない。Pathを設定するか、
  Python 25フォルダにhack_perms_705nk.pyコピーしてダブルクリックする。
 ・スクロールアップしてログの内容を確認する。
  以下のように表示されれば成功です。
 ・MetroTRKを終了してから、USBケーブルを外す。

Using port:
\\.\COM25        (<-----変更したCOM番号になっているか確認する)
>Ping
sending message number 00
received message number 00
kDSReplyNoError
>Connect
sending message number 01
received message number 01
kDSReplyNoError
>Create Item
sending message number 02
received message number 02
kDSReplyNoError
ProcessID=02B1 ThreadID=02B2
>Read Memory 0x60000100
Read Memory at 60000100=60 00 01 00
sending message number 03
received message number 03
kDSReplyNoError
Read Memory 60000100=FF DF FF FF
Read Memory 60000104=FF FF FF FB
Read Memory 60000108=00 00 00 80
Read Memory 6000010C=00 00 00 00
Read Memory 60000110=00 00 00 00
Read Memory 60000114=00 00 00 00
Read Memory 60000118=00 00 00 00
Read Memory 6000011C=00 00 00 00
Read Memory 60000120=00 00 00 00
Read Memory 60000124=00 00 00 00
Read Memory 60000128=FF FF F7 FD
Read Memory 6000012C=FF FF DF F7
Read Memory 60000130=DF DF FF FF
Read Memory 60000134=7F FF FF FF
Read Memory 60000138=F3 CC 05 1A
Read Memory 6000013C=6D 65 3F F9
Read Memory 60000140=01 00 00 00
Read Memory 60000144=00 00 00 00
Read Memory 60000148=1E 00 00 00
candidate!!!     <-----これがでれば成功!!)

Read Memory 60000150=00 00 00 00
Read Memory 60000154=FF EF FF FF
Read Memory 60000158=FF FF FF BF
Read Memory 6000015C=FB FF FF FF
Read Memory 60000160=FF FF FF FF
Read Memory 60000164=FF FF FF FF
Read Memory 60000168=FF FF FF FD
Read Memory 6000016C=FF FF FF FF
Read Memory 60000170=FF BF FF FF
Read Memory 60000174=FF FF FF FF
Read Memory 60000178=FF BF FF FD
Read Memory 6000017C=FF FF FF FF
Read Memory 60000180=FF FF FF FF
Read Memory 60000184=FF FF FF FF
Read Memory 60000188=FF FF 7F F7
Read Memory 6000018C=FF FF FF FF
Read Memory 60000190=FF FF 7F FF
Read Memory 60000194=FF FF FF FF
Read Memory 60000198=FF FF FF FF
Read Memory 6000019C=FF FF FF FF
Read Memory 600001A0=FF FF FF FD
Read Memory 600001A4=FF FF FF FF
Read Memory 600001A8=FF FF FF FF
Read Memory 600001AC=FE FF BF FF
Read Memory 600001B0=FF FF FF FF
Read Memory 600001B4=FF FF FF FF
Read Memory 600001B8=FF FF FF FF
Read Memory 600001BC=FF EF FD FF
Read Memory 600001C0=FF 7F FF FF
Read Memory 600001C4=EF FF FF FF
Read Memory 600001C8=FF FF BF FF
Read Memory 600001CC=FF FB DD FF
Read Memory 600001D0=7F FF FF FF
Read Memory 600001D4=FF FB FF FF
Read Memory 600001D8=FF FF FF FF
Read Memory 600001DC=FF FF FF DF
Read Memory 600001E0=FF FF FF FE
Read Memory 600001E4=FF FF FF FF
Read Memory 600001E8=FF FF FF FF
Read Memory 600001EC=FF FE FF FF
Read Memory 600001F0=FF FF FF FF
Read Memory 600001F4=FE FF FF F7
Read Memory 600001F8=FF BF EF FF
Read Memory 600001FC=FB FF FF FF
>Write Memory 60000148 (<-----ここでメモリを書き換えてる)
write Memory at 60000148=60 00 01 48
sending message number 04
received message number 04
kDSReplyNoError
>Stop
sending message number 05
showFrameChecksum-incorrect:-1
received message number 05
kDSReplyNoError
>Ack Notify Stopped
sending message number 02
>Disconnect
sending message number 06
received message number 06
kDSReplyNoError
>Close
>End+Exit

以上で、allfile化は成功です。SymSMBでC:\sys\等の本来アクセスできないフォルダが見れることを確認しておく。
ただ、これだけでは、電源の再起動で元の状態に戻るため、さらに、電源を入れたまま、以下のことをしておく。


http://tools.ext.nokia.com/agents/index.htm からS60_3_0_Prof_v1_62.sisxをダウンロードしてインストールする。
  必ずC:にインストールすること。Symbian Signedなので通常のインストールでOK。
 ・http://FCA00000.googlepages.com/CProfDriver_SISX.ldd からCProfDriver_SISX.lddをダウンロードしておく。

●Profilerの操作
 ・705NKにProfilerというアイコンが出来ているので起動する。
 ・Options>Profiler>Startでタイトル下のStatus:がinitialising ⇒ samplingに変わるまで待つ。
 ・Options>Profiler>StopでStatus: finishedに変わる。(当方、804NKでfinished状態にならず、exitを押した瞬間にfinishedとなったが、成功した。) ・右キー(Exit)で終了する。

●CProfDriver_SISX.lddの置き換え
 ・c:\sys\bin\CProfDriver_SISX.lddをダウンロードしておいたCProfDriver_SISX.lddと置き換える。
  元のCProfDriver_SISX.lddのサイズが6KBで、置き換え後は16KB(705NK実績)なので、置き換わったことをファイルサイズで確認する。

●All Files化の復元
 ・電源切や再起動後に①のProfilerの操作を行えば、All Files化状態が復元できる。

その他
 ・Profilerを実行するとe:\PI\フォルダが出来て、実行の度にログが溜まる。
  Options>Settings>Output settingsでDebug portにすればログは溜まらなくなる。

◆◆アプリのインストール制限解除と、音源制限解除など。。

1)手順
①705NKをAll files化しておく。
②同梱の101F880D.txtと101FD64E.txtを705NKのc:\private\10202be9\フォルダにコピーする。
③再起動して、メニュー>ツール>アプリのオプション>設定で
 「ソフトウェアのインストール」の項目が増えているので「すべて」を選択する。
 (音源については、特に何もする必要はない。)

◆◆最後に、unsignedアプリのインストールを可能にするために。。。

1)準備
・http://fca00000.googlepages.com/cert.rarをダウンロードして解凍しておく。
 00000001とgensign.cerとgensign.keyの3つのファイルがあるはず。
 gensign.cerをcert.cerに、gensign.keyをkey.keyに各々リネームする。
・705NKにMobile signer v1.03をインストールしておく。
 (Ⅲまで実行していれば、通常インストールでOK。)
 http://mosh.nokia.com/content/4182DA9F31CB22B5E040050A443040FA
・705NKをAll Files化しておく。

2)手順
①705NKのc:\resource\フォルダの中にswicertstoreフォルダを作り、その中にdatフォルダを作る。
 1)の00000001をこのc:\resource\swicertstore\dat\フォルダの中にコピーする。
②1)のcert.cerとkey.keyをc:\private\EC696702\フォルダに上書きコピーする。
 (\private\EC696702\はMobile SignerのプライベートフォルダでMobile Signerをインストールした側のドライブにある。c:でもe:でもよい。)
③Mobile Signerを起動して、サインするsisファイルを選択したあとOption>SelfSignでサインする。
④通常の方法でインストール可能になる。

補足●●Mobile Signerというアプリを導入すると705NKで手軽にSelfSignができる優れもののツールもある。●●

まとめ、。。。
705NKと、同様のやりかたで804NKもallfile化できました。メモリが少ないのと、アプリのアンインストールに苦労しますので、極力、必要最低限のアプリを入れて楽しんだほうがよろしいかと思います^^;
アプリのインストールには、携帯電話の情報を外部に流出させるアプリもありますので、
ご利用は、すべて自己責任のもとで。。。。。



          

comment

Secre

プロフィール

ガンボ

Author:ガンボ
ど田舎でもハイテクを求めて日々精進中
山あり谷あり電波なしw
★記録と記憶の脳内ルーム★

FC2カウンター
google search
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。